諸塚村立諸塚小学校 平成30年度〔文化芸術による子供の育成事業(芸術家の派遣事業)〕
0

    今日(6月4日)の1枚

     

    今日(6月5日)の1枚

     

    今日(6月6日)の1枚

     

    平成30年度 文化庁「文化芸術による子供の育成事業(芸術家派遣事業)」(学校申請型)

    諸塚村立諸塚小学校

     

    主催:文化庁、宮崎県教育委員会、  諸塚村教育委員会、諸塚村立諸塚小学校
    実施校:諸塚村立諸塚小学校 日高 和広 校長
    担当教員:諸塚村立諸塚小学校  黒木由美子 教諭
    派遣芸術家:豊福彬文(んまつーポス)
    対象 :諸塚村立諸塚小学校 全校児童 計52名
    日時:2018年6月4日(月)9:35〜11:15 (1、2年生)
            6月5日(火)9:35〜11:15 (3、4年生)
            6月6日(水)9:35〜11:15 (5、6年生)

     

      
    活動内容:舞踊 コンテンポラリーダンス (んまつーポス身体表現ワークショップ)

    活動のキーワード:芸術(ダンス)への関心、優れた芸術(ダンス)の鑑賞、

             日頃触れることのない貴重な体験(アート)、体育・保健体育、

             表現運動・ダンス、表現・創作ダンス

    カテゴリ:分類3(学校編) | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スクールコンサート in 都城市立富吉小学校
    0

      どうも。んまつーポスの豊福です。

       

      5月の最後は、都城市立富吉小学校でスクールコンサートでした。

      このスクールコンサートは、NPO法人 MIYAZAKI C-DANCE CENTERが実施する
      「学校でコンテンポラリー・ダンス鑑賞教室」ではなく、
      宮崎県教職員互助会による公益文化事業です。
      昭和58年度から平成22年度まで行っていた歌のつどいを平成23年度から「スクールコンサート」に統合し、
      県内在住アーティストや県外アーティストによるコンサートを対象校で行っているものです。
       

      今回も、んまつーポスの直球が子どもたちや先生方に届いたな!と写真を見ながら振り返っております。

      都城市立富吉小学校の子どもたち、先生方、ありがとうございました。

      また踊りに行きます!!

       

      以下、詳細&写真です!

       

       

      【宮崎県教職員互助会スクールコンサート in 都城市立富吉小学校】

      [ 日 ] 2018年5月31日(木)
      [時間]  10:30〜12:00
      [場所] 都城市立富吉小学校 体育館 児童数 約80名
      [staff] NPO法人 MIYAZAKI C-DANCE CENTER:2名
      [内容] コンテンポラリー・ダンス 作品上演+んまつーポス身体表現ワークショップ
      [アドバイザー] 高橋るみ子(宮崎大学教育文化学部元准教授)

       

       

      カテゴリ:分類3(学校編) | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
      アート空間(美術館)に 体育(からだを育む思想)を展示・上演する試み(現代芸術的体育)について
      0

        今日の朝日新聞(西部版)に、熊本市現代美術館で開催中の企画展のことが取り上げられていました。

        一読して、記事の「「映像演劇」という聞き慣れない形の演劇を美術空間で上演・展示する」の部分に、少し驚きました。
        なぜかというと、僕らが2008年にエストニア共和国のKUMU美術館からスタートさせた「アート空間(美術館)に 体育(からだを育む思想)を展示・上演する試み(現代芸術的体育)」とすごく近いものを感じたからです(国内で展示・上演できたのは7年後の十和田市現代美術館でした。)。
        実は、メンバーの児玉は5月の連休にこの企画展「渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉」を鑑賞して、なぜか親近感を覚えたそうです。これからは、ダンスや演劇だけではなく、思いがけない○○が美術館に展示・上演されるのかもしれません。
        写真は、2018年1月にいわき市立美術館で展示・上演した作品です。

         


        Photo by FUSE Masahiko

        カテゴリ:分類できなかったもの | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
        香港滞在2018.5 
        0

          んまつーポス身体表現ワークショップに対して、

          香港大學の教授であるNatalia Chan氏からコメントをいただきました。

          広東語で添付しております。

           

          遊戲自我 ‧ 回歸孩童@日本Namstrops 的舞蹈教育
          兒童如何遊戲?成人怎樣跳舞?我們可否用遊戲的方式跳舞或教舞?上星期參加「Unlock x Namstrops (日本) 舞蹈教育交流工作坊」,這些問題迎刃而解!來自宮崎縣的Namstrops,名字反轉來就是Sportsman,三位運動健將的成員豊福彬文、野邊壯平和児玉孝文,在宮崎大學教育文化學部的高橋留美子教授帶領下,將體育和遊戲融入舞蹈教育,建立一套獨有的身體理論,貼近日常,讓人人可舞!參加工作坊的大部份都是中小學的舞蹈老師(有趣也奇異的是說普通話的佔了大多數),我以遊玩的心情身在其中。三位運動型的日本舞者,通過三個段落的教學實踐了舞蹈與遊戲的聯繫:第一段是「人數組合」,圍成一圈的眾人必須在指示下由2人、3人、4人等聚合方式從地板簡單躍起;第二段是「動作組合」,分成小組的人各有ABCD 的名號委派,每人必須自創特定數量的日常生活動作像化妝、拖地、打字(A是三個、B 是兩個、C 是一個、D又是兩個),然後順序模仿進行;第三段是「角色扮演」,這一趟選擇了「特務」,每人先用一句話說出對特務的感覺(答案包括:有型、舉槍、sexy、行動迅速、神秘、危險),然後每人擔當一個音符(我是 “So”),再由導師教曉我們幾套簡單動作,像走路(前後左右窺探)、開槍射擊(凝定姿勢)、穿過紅外線探測(弧線的彎身和流動)、逃避炸藥(上下跳躍)等等,最後在The Sound of Music 非常有名的歌曲“Do-Re-Mi” 的播放下串連動作,在短短的時間內,竟然有效地編成了一段有起伏結構的舞蹈,不得不佩服內裏乾坤!

          根據我的理解,Namstrops 的教學包含兩套方法,第一是回歸最基本和原始的人類活動,那就是「遊戲」,第二是「數理的邏輯思維」。「兒童」是每個人必須經歷的成長階段,而「遊戲」也是我們自小娛樂自己的方式,Namstrops 讓成人返回孩童狀態,打開制約我們的社會規範,同時釋放囚禁的自我,拋棄防衛機制,以個體最自然的存在參與其中、然後樂在其中。不知打從甚麼時候開始,我們有太多生活的束縛、工作的責任、道的使命,甚至約定俗成的規矩、舉步維艱的身體狀況,我們忘記讓自己不為甚麼的自我娛樂、遺失了簡單的快樂和自由的軀體,漸漸活得不像本我的意願;而Namstrops 的切入點就是引動人類原初的生存情景,開啟想像力和模仿力,從而勾出本有的純樸與真誠,以及感官的直覺力,其實這些都是藝術創作的基本元素!另一方面,123的「人數組合」和ABCD 的「動作組合」體現了數學的邏輯思維,腦袋與肢體並用、協調,同時舉一反三,從數目的變化衍生空間、時間的識別,簡直是一種智性的推理遊戲!一直以來許多人以為藝術或舞蹈創作祗需要感性的靈感與感情的素材,忽略了「理性思維」的必須和重要,那是一套邏輯方法和思考方案,如何從一到二、再跳到三,然後逆反過來?怎樣運用歸納和演繹駕馭創作的結構?如何以語言溝通、用身體執行?怎樣從概念到具象、再形造抽象?Namstrops 的「特務」遊戲,看似是簡單的角色扮演,內裏卻包含這些複式的整合和靈動的挪用!

          我不是舞者或編舞,但Namstrops 的工作坊卻給我許多在文字創作、藝術評論和教育的靈光閃現,要讓生活或工作的活水長存、長流,快樂地遊玩、自由的揮發自我十分重要,而理性的邏輯思維也讓人其樂無窮!此外,在自己的本行以外,必須找時間體驗其他藝術領域的創作形態,參加舞蹈工作坊不是為了成為舞者、參加評論課不是為了成為評論人、出入劇場不是為了要當演員,「不為甚麼」是一個沒有機心、功利目的、效用指標的心境,唯獨這樣,我們才可回歸「孩童」的原初自我,剝除現實的考量與焦慮,而無論那個自我有何種模樣或限制,那也是勇敢面對的一種學習過程呢!~洛楓©Facebook 2018

           

           

          カテゴリ:分類1(海外編) | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
          香港滞在2018.5 
          0

            今日、香港は久しぶりの快晴!
            「大館 TAI KWUN」のプレオープンセレモニーでようやく踊れました。
            今回のUnlock Dancing Plazaと創ったダンス公演は限定公開でした。

            それでも、僕には広場を埋め尽くす観客の絵が見えた、そんな60分間の汗だく(大汗)のパフォーマンスでした。
            未完成な空間に、予想以上に大野くん(専属ミュージシャン)の曲が似合うことを発見!
            TAI KWUNのグランドオープンは5月29日です!

             

             

            Photo by Maurice Lai

            カテゴリ:分類1(海外編) | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
            香港滞在2018.5 
            0

              香港滞在、1日目。
              何と、今回の1番の目的だった屋外パフォーマンスの1回目(明日10日)が雨で中止。

              事前に雨なら中止になることは聞いていたのですが、まさかの中止。

              そんなことになったとしても、ここまで来た甲斐があったと思えるよう、

              今日の午前中のワークショップ(対象は、香港日本人学校の5年生)、

              頭も身体もフル回転。何と、いつもより20分も早く鑑賞&興奮に至りました。
              活動の写真を見ながら、初めて香港日本人学校に

              「創作ダンス」のワークショップの実施を提案してから今日までの3年間を振り返って、

              似合わないけれど、ちょっとだけ感傷的になりました。

              子どもたちが披露してくれたダンスを見ながら、ダンスっていいなぁ!と改めて思いました。

              5年生のみなさん、そして先生方、ありがとうございました。

              この後も来年も香港には度々です。今日の活動を継続できたら、香港日本人学校の当たり前になるかもしれません。
              それはそれとして、屋外パフォーマンスの中止、本当にがっかりです。

               

              Photo by Ayano SO

               

              カテゴリ:分類1(海外編) | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
              神楽坂ダンス学校2018 んまつーポスWS
              0

                【神楽坂ダンス学校2018】
                んまつーポス身体表現ワークショップ「大人の創作ダンス」、9名も来てくださいました。
                しかし、年齢幅は開いてました(24〜65)。
                そこが「大人の創作ダンス」の良いところ。

                リタイアはゼロ、全員が踊るー創るー撮影するー(編集する)ー鑑賞するー興奮・・・

                お土産(https://www.youtube.com/watch…)をもらって解散しました。


                こっそり見るAさんに対し、誰も見たがらないから大丈夫!とBさんが返してました。

                65歳のAさんとBさんのやりとりに笑っちゃいました。

                それぞれの自宅でお土産を見ている姿を想像するだけで愉快です。

                 

                カテゴリ:分類2(国内編) | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
                宮崎大学地域資源創成学部で講義&ワークショップ
                0

                  どうも。んまつーポスの豊福です。

                   

                  4月24日(火)に、宮崎大学地域資源創成学部の基礎教育科目の大学教育入門セミナーの中で、

                  お話しさせていただきました。

                  「体を使ったコミュニケーション」をテーマに、講義とワークショップを行いました。

                  こういう場合は、「ゲスト講師」と言われるのですね。

                   

                  とても良い機会をいただきました。ありがとうございました。

                   

                   

                  カテゴリ:分類できなかったもの | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  香港滞在2
                  0

                     

                    Namstrops Contemporary Dance Physical Education Workshop in Long Ping Estate Chan Kwong Kindergarten

                     

                    香港の現地の幼稚園で、現代芸術的体育を実施しました。

                    僕らは、わざわざ「ウッ!ハッ!」という教材名を付けて香港のアーティストに紹介したにもかかわらず、

                    どうやらWATER BOYS!の方がピンとくるみたいでした。


                    日本から用意していった子ども用のゴーグルは、回収するつもりが、

                    子どもたちは握って離しませんでした。ささやかなプレゼント。

                     

                    カテゴリ:分類1(海外編) | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    香港滞在1
                    0

                       

                      Unlock Dancing Plaza(香港)のプロジェクトで今香港です。

                      今回の滞在の目的は、私たちが前回紹介したプログラムを香港のアーティストが香港の子供達に実施した実践と、

                      香港のアーティストの新しいプログラムの試みを参与観察するというものです。

                      なかなか高カロリーな初日でした。
                      創作ダンスの輸出が少し進んだことにはなりますが、観察だけしているというのは複雑・疲れます。
                      少しだけ、いつも参与観察をお願いする高橋先生のキツさが分かった気がします。
                      明日は二つの実践とリサーチが入っていますが、明後日水曜日は唯一僕たちのワークショップです。

                      やはりカラダがウズウズ。

                       

                       

                      カテゴリ:分類1(海外編) | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      | 1/69PAGES | >>