Lao Fashion Week 2018
0

    We are currently in Laos. I am responsible for the choreography and production of one portion of the "Laos Fashion Week" organized by the French Embassy. This is my first time in Laos so it is quite an interesting job.

     

    昨晩、バンコク経由でビエンチャン入りしました。
    ここビエンチャンは、「Lao Fashion Week 2018」の真っ最中(10日〜14日)です。
    早速今日は、明日のファッションショーのADDP枠に出演するパラアスリートの選手に振付ました。
    なぜ僕らが、ここにいるかというと、今年のADDP枠のテーマが「スポーツ」だからです。
    彼らの種目は、パワーリフティング、バスケット、水泳、陸上(短距離)、ゴールボール、サッカーです。
    明日このランウェイを彼らが歩くことを想像してワクワクしました。
    ただ心残りは、本番を見ずにこのビエンチャンを発つことです・・・

     

     

     

    カテゴリ:分類1(海外編) | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
    マレーシア・シンガポールダンスツアー その2
    0

      どうも。んまつーポスの豊福です。

       

      たった2日間でしたが、今日でシンガポール日本人学校チャンギ校の子どもたち(3年生)との

      ワークショップが終わりました。

      香港日本人学校とは、同じアジアの日本人学校なのに、

      校舎の規模も、先生方の雰囲気も、もちろん子どもたちも全く違います。

      そこがすごく新鮮です。

      3年生とワークショップをしてみて、次は全員(165名)から感想を聞いてみたくなるほど、

      それぞれに反応やアイディア、表現が楽しい学校でした。

      生の感想って、やはりいいです。

      今回も、日本型教育の海外展開推進事業(EDU−Poutニッポン)パイロット事業」プロジェクトの一環です。

      疲れてクタクタになっても、ダンスっていいなぁ!と思える瞬間がいくつもありました。
      もしかしたら、ブカレスト日本人学校のように、

      今日のワークショップが、チャンギ校のカリキュラムに位置付くかもしれません。

      そんな手応えあり!でした。

      チャンギ校の3年生と先生方、そして生きた教材(んまつーポス)を、

      わざわざ日本から呼んで、子どもたちとの出会いを仕組んだ瓜生先生、ありがとうございました。
      瓜生先生とは阿吽の呼吸で、一緒に大学でダンスの授業を受けていてよかったと改めて実感。

       

      カテゴリ:分類1(海外編) | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
      マレーシア・シンガポールダンスツアー その1
      0

        どうも。んまつーポスの豊福です。

         

        んまつーポス、シンガポールに上陸。
        明日はマレーシアでワークショップ(対象:子どもと大人)があります。

        只今、国境のジョホーバルに向けてタクシーで移動中。

        今日、8月31日はマレーシアナショナル・デー。それでこの大渋滞。

        どこまでも連なるバイクがアリのようなバッタのような大群状態です。

        ノロノロ移動する車窓から、ずっと見ていたら、次はこんな大人数の作品が創ってみたくなりました。
        2日までマレーシアに滞在し、またシンガポールに戻ってきます。
        シンガポールでは、日本人学校チャンギ校でんまつーポス身体表現ワークショップを実施します。
        なんと、わたしの大学の同級生が先生をしています。7年ぶりの再会です。

        彼女とは2年生の時に一緒にART.Mトヤマで踊った仲です。これもダンスつながり!

         

        カテゴリ:分類1(海外編) | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
        サマーキャンプ(Creative Dance International Camp)in 廈門
        0

          どうも。んまつーポスの豊福です。

           

          廈門Xiamen ダンスサマーキャンプ最終日の写真です。

          今回のキャンプでは定年退職されたにもかかわらず、

          高橋先生にもみのわさんの代わりに走ったり、ジャンプしたりしてもらいました。

          「私も意外に跳んでるわね」と本人も僕らもビックリ!

           

          カテゴリ:分類1(海外編) | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
          Dance Camp 2018 in Hong Kong その3
          0

            どうも。んまつーポスの豊福です。

             

            国際子どもダンスキャンプ「Dance Camp 2018 in Hong Kong 反轉身體舞動營」第3弾は写真のみで(Photo by Ayano So)!
            いま、香港キャンプのメンバーと別れて、

            んまつーポスは中国の厦門(中国人が一度は行ってみたい中国の中でもとても美しい都市)にいます。
            地図や航路では、シャーマン Xiamenです。
            12日まで滞在していて、なんとここでも9回のワークショップとショーイングがセットされています。救いは厦門の人たちは、2時間のお昼寝休憩があることです。子どもたちは、お昼寝セットを持参しています。

            日本もこんなに猛暑が続くなら取り入れてもいい慣習かもしれません。
            ただワークショップが終わってホテルに直行したとしても23時です。どちらもどちらです。

            郷に入れば郷に従えなので、ぼくもお昼寝中です。

             

            カテゴリ:分類1(海外編) | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
            Dance Camp 2018 in Hong Kong その2
            0

              どうも。んまつーポスの豊福です。

               

              国際子どもダンスキャンプ「Dance Camp 2018 in Hong Kong 反轉身體舞動營」第2弾。
              2日目は、午前3時間、さらに午後も3時間。夜は交流会、と大人の僕にもなかなかハードな一日でした。

              実は、夜には、交流会プラス二つのグループが一日の成果を発表し合う「見せ合い」も計画されてましたが、

              そこは常に子どもたちの健康安全に気を配っている現職教員(保護者)の「子どもたちは21時就寝」の一声。

              予定外の静かな夜です。

              そして、今日一日、僕らは香港の子どもたち13名と一緒でした。下は6歳から上は12歳。

              僕らが「なぜこのダンスキャンプに参加したのか?」と聞いたら、「お母さんに仕組まれた!」(6歳)、

              「最近ダンスが気になるんです。」(8歳)と愉快な答えが返ってきました。
              明日は、香港の賑わいの中にあるお洒落な劇場「Hong Kong Art Center 」に移動して、

              できたてほやほやの作品を上演します。せっかくなので、香港の子どもたちにはんまつーポスの、

              宮崎の子どもたちにはUnlock Dancing Plazaの作品を観てもらいます。7日夜8時から開演です。
              香港の子どもたちのジャンプもさすがです。4枚目の水色のTシャツは講師陣です。

               

              カテゴリ:分類1(海外編) | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
              Dance Camp 2018 in Hong Kong その1
              0

                どうも。んまつーポスの豊福です。

                 

                子どもたちと香港に滞在中。

                香港と日本の子どもたちのために、Unlock Dancing Plaza(香港)と、

                そんじょそこらにはない国際子どもダンスキャンプ「Dance Camp 2018 in Hong Kong 反轉身體舞動營」を企画しました。

                今日はその初日。ここから、誰も行き着く先がわからない2 泊 3 日がスタートです。

                そんなキャンプに参集した子どもたちは25名。その内訳は、宮崎12名、香港13名。

                 

                それでは、先ず、宮崎グループを紹介します。

                この写真は、もしかしたら日本で最初の子どもダンスカンパニー「KIDS STAR」の香港初上陸の初ジャンプです。
                撮影者も紹介します。1枚目は、KIDS STARをコーディネートしているNPO法人子ども文化センターの片野坂さん。

                2枚目は、保護者の西田さん。そして3枚目は、プロジェクトをバックアップしている香港のホテルDorsett Mongkok で

                撮影しています。最後の写真は、今日の夜のワークショップの準備をUnlock Dancing Plaza のFungさんと!

                香港の子どもたちには、明日、思い切りジャンプしてもらいます。

                 

                カテゴリ:分類1(海外編) | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
                北京ダンスフェスティバル2018(Beijing Dance Festival)
                0

                  んまつーポスのみのわです。

                   

                  北京第2弾です。
                  24日と25日のクリエーションとショーイングも、心配していた失速もなく、逆に加速して終了。
                  まさかの仕掛け(例えば、アーティストの組み合わせが変更、テーマはくじ引き、もちろんどのクラスを担当するかも直前決定、等)に、招聘アーティスト達も困惑しながらも、それぞれに見応えのあるショーイングだったとか・・・実際を見たかったです。
                  そして、豊福の相手は、スペインの振付家イリアスさん。
                  くじで引いたテーマは「雷」。
                  遠隔作戦会議なら入院していてもできるので、メンバーの間にメールが飛び交いました。ここが創作ダンス。
                  イリアスさんも創作ダンスに協力的なアーティストで、こうじゃないとダメではなく、話し合いや積み重ね合いを楽しんでいたそうです。よかったです。

                  26日、27日は切り替えてすっかり上演モードです。
                  こんな写真も送られてきました〜
                  パフォーマンスについての第3弾を乞うご期待!

                   

                  カテゴリ:分類1(海外編) | 16:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  北京ダンスフェスティバル2018(Beijing Dance Festival)
                  0

                    んまつーポスのみのわです。

                     

                    現在、んまつーポスは北京ダンスフェスティバルに参加しています。
                    と言っても、みのわは手術・入院中、児玉は大学非常勤業務。
                    ということで、豊福が孤軍奮闘中。
                    中国ではFacebookが使えないため、豊福に代わり、左足以外は元気な私が近況報告担当です。

                    このフェスティバルは、パフォーマンス(27日)と合わせて、北京大学の学生のためのダンスキャンプ(20日〜25日)が準備されています。
                    アーティスト(講師)は、イタリア、イギリス、カナダ、マレーシア、ニュージーランド、香港などなど、15人が招聘されて、8グループに別れた学生に同じ内容のワークショップ(90分×2回)を連続4日。
                    最終日には、学生が好きなアーティストを選び、そのアーティストとクリエーションするという、相当に忍耐力と体力が問われる内容です。

                    本来は私も講師だったので、豊福から毎日、その日の写真と活動の様子を伝えてもらい、最近はあちこちで「ボスの高橋です」と自己紹介しているボスも含め、作戦会議をしています。
                    ボスのアイディアで、ワークショップの前後に簡単なアンケートを入れたり、SNSを使って学生から感想を集めることにしました。
                    日本の学校ダンスに興味関心はありますか?という質問に対して、ワークショップ前は2割くらいしか手をあげませんが、ワークショップ後には、なんと9割強が手をあげでくれます。
                    これも立派なEDU-Portニッポン(日本型教育の海外輸出)になるんじゃないかと、豊福には、毎回、この質問をしてもらっています。
                    さすがに全員からは感想は届いていませんが、「わたしは振付家になるために努力しようと思います。(北京語をGoogle翻訳)」みたいな簡単な感想が徐々に届いています。

                    24日は、スペインの振付家と共同でショーイングに向けたワークショップも予定されています。
                    最初の話では、僕らの香港の最高のパートナーのロックさんとでした。豊福なら、この急遽変更をプラスにしてくれると思います。頑張れ!
                    以上、みのわの近況報告第1弾でした。

                     

                    カテゴリ:分類1(海外編) | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    ハナム・アジア・コミックダンスフェスティバル 2018 その2
                    0

                      どうも。んまつーポスの豊福です。

                       

                      7月7日。日本は大雨で大変なのに、韓国はこんな青空です。
                      一昨日、昨日と劇場での上演でしたが、今日の一発目はアウトドアパフォーマンスです。

                      舞台すぐ横のプールサイドに親子連れがいっぱい!この人たちが作品を観にくることになってます。

                       

                       

                      最後にフェスティバルの芸術監督であるJangさん!

                      カテゴリ:分類1(海外編) | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      | 1/9PAGES | >>